ドラクエ11(DQ11)のストーリー紹介!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」のストーリー

穏やかなイシの村で育った主人公は16歳となり、村のしきたりである成人の儀式にのぞむ。
そして自分は、かつて世界を救ったとされる「勇者」の生まれ変わりであり、大きな使命を背負うものだと知る。
勇者とは何か、勇者の使命とは何かを知るため、故郷を旅立つ。

デルカダールに行けばすべてが明らかになるのだという母の言葉をもとに、やがて主人公は、デルカダール王のもとへ。
「勇者」であることを告げる主人公に、デルカダール王は「勇者」とは何者なのかを語り出し―

デルカダール王が語った内容はまさかのものだった。勇者は悪魔の子である、というのだ。王の言葉に反応し、主人公に立ちはだかる兵士たちと、突きつけられる剣。一体これはどういうことなのか。伝説の「勇者」の物語は、急展開を見せ、動き出す。主人公の運命や、いかに―!?

主人公と仲間たちは、勇者にまつわる伝説の謎を解き明かすため冒険の旅に出る。



終われる身になった勇者たち一行

主人公たちの旅路は、大草原を越え、海底や天空にも及ぶ壮大なものとなる。
そこでは、さまざまな人々との出会いが待っている。

仲間たちの過去

なぜ、勇者は悪魔の子と呼ばれたのか?
その答えを求める冒険は、ある真実へ辿り着くものだった。

そして、ふたたび勇者のときが動き出す。

「ドラゴンクエストXI」公式サイト