ドラクエ11世界地図公開!仮面舞踏会開催の地「グロッタの町」が明らかに 【7/3更新】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界地図

ドラクエ11の舞台は、「ロトゼタシア」
すべての命の根源と伝えられる神木「いのちの大樹」によって生み出された広大な世界。
この世界では、どんな冒険が待っているんでしょうか?
7/3 「グロッタの町」更新しました。

命の大樹

世界の中心に浮かぶ大木。
勇者は大樹と深い緑を持ち、大樹の魂と心を通わせることができる。


イシの村

主人公の旅立ちの地となる場所。
渓谷地帯の一角にひっそりと存在する小さな村。
大地の精霊をあがめる人々が穏やかに暮らししている。
お店や施設は少ないが。牧畜が盛んで馬の姿をが多くみられる。
16才になり成人を迎えた者は、大地の精霊が宿るとされる「神の岩」なる岩山にのぼり、 祈りを捧げることが村のしきたりになっている。

ホムラの里

ヒノラギ火山のすそのに広がる。
和風の建物が並ぶ里。
巫女によって治められ、人々がたくましく生きている。
火山の恵みを受けて、製鉄や鍛冶が盛んに行われているほか、蒸し風呂屋が営まれている。




サマディー王国

砂漠地帯をおさめる王国。騎士道を重んじる由緒正しき大国として知られ、お城では多くの騎士が日夜訓練に励んでいる。
とりわけ、この国の若き王子はすぐれた騎士ともっぱらの評判。
城下町ではサーカスの公演や、ウマによるレースも行なわれており、多くの人々でにぎわっている。


グロッタの町

大陸北東部にある栄えた町。
仮面をつけた闘士がペアを組んで戦う「仮面武闘会」を開催しており、武闘会の時期には、おのれのチカラをためそうと集った闘士と、武闘会が目当ての観光客で町はにぎやかになる。


ドラクエ11キャラクター紹介